バレンタインに花を贈ろう!



バレンタインデーの贈り物といえば、「チョコレート!!」ですよね。
大好きな彼に…お世話になっている上司に…友達に「友チョコ」…自分へのご褒美チョコ…でもこの習慣、日本だけだということ…知っていましたか??
 
では、なぜバレンタインにはチョコレートなのか…
バレンタインの由来と他の国のバレンタイン事情をみて見ましょう!!
 

 

1.バレンタインの由来

バレンタインというのは正しくは「St Valentines Day(聖バレンタインの日)」。3世紀頃、ローマに実在したキリスト教の司教バレンチノ(バレンタイン)を指しています。バレンタインデーが恋人たちの日とされたのは、このバレンチノが処刑されて殉教者となった命日と、もともと2月14日と15日に行われたローマの恋人たちの祭りとが意図的に合わせられたと考えられています。
バレンチノの生前、ローマでまだ新興宗教だったキリスト教は迫害されていました。そんな中で時の皇帝クラウディウス2世は、若者に結婚を禁じました。それは結婚すれば愛する妻や家族と別れ難くなったり、気がかりになることで戦地へ行っても兵士の士気が落ちるという考えからでした。
バレンチノ司教はそのような若者たちを憐れに思い、内密に結婚させていました。そのことが皇帝の知り、ローマの宗教に改宗するようにとの要請も彼は拒否し、とうとう逮捕されてしまいます。その時彼を取り調べたアステリオという判事には、目の見えない娘がいました。この娘とバレンチノは密かに心を通じ合わせるようになり、彼の祈りのおかげで娘は目が見えるようになりました。アステリオは喜び、一家そろってキリスト教に改宗してしまいました。
時の政策に違反したこのような行為のために、バレンチノは西暦270年、2月14日に処刑されてしまいました。彼は死ぬ前に「あなたのバレンチノより」と署名した手紙を彼女に残したそうです。これはバレンタインカードの始まりで、今でも欧米の人はバレンタインカードに「From Your Valentine(あなたのバレンタインより)」や「To Be My Valentine(私のバレンタインになって)」などと書きます。
また、ローマでは2月15日に豊饒の神の祭り「ルペルカーリア」というものがありました。これは祭りの前日の2月14日に女性が自分の名前を書いたくじを用意し、翌日の祭り当日、男性が順にくじをひいてゆき、あたった者同士が祭りの間、或いはその後しばらく恋人同士になるという縁結びの祭りでした。
バレンチノの死後、ローマではキリスト教が勢力を増し、その祭りの風紀の乱れを心配した司教たちが、ちょうど同じ頃の2月14日に殉教したバレンチノ司祭の記念日をこの日と定め、くじに聖人の名前を書き、当たった人は一年間心の中で聖人に仕える、といった祭りに変えてしまったということです。
それが時代とともに変遷し、恋人たちの愛を成就させようとしたバレンチノ司祭の行いやルペルカーリア祭りの縁結びの意味などが結びつき、2月14日は恋人たちの記念日として定着していきました。

2.各国のバレンタイン事情


ヨーロッパ諸国
前述したように、バレンタインデーに男女がお互いにカードを贈りあうという習慣があります。
イギリス
2月14日には男性が女性を喜ばせる為にロマンティックなデートをセットアップします。
素敵なレストランを予約し、花束は男性自身が持っていきます。どんなカップルも初めて出会った頃のときめきを思い出すような演出を大切にして、このイベントを準備するようです。
アメリカ
イギリスの習慣がアメリカに渡り、バレンタインデーにおける最も重要なアイテムは「花」だそうです。レストランの予約や他の演出がなくても、必ず花を!というほど絶対だそう。
「HAPPY Valentine’s Day」や「Be Mine」と書いた花を贈る花は、愛の花とされるバラが主流ですが、最近では人と違う個性のある花をプレゼントしたいという男性が増えています。お花屋さんは女性の好みや雰囲気を聞いてぴったりのお花を選ぶアドバイスを丁寧にしてくれるそうです。
 
近隣のアジア諸国でも、バレンタインデーは大切な人に花を贈る日として定着しています。
台湾
台湾では旧暦の7月7日もバレンタインで、年に二回も愛の日があります。
多くの男性が女性に花を贈りますが、その花の本数によって意味があります。
日本ではこのバレンタインの季節から、一気に春のお花が沢山にぎわうようになります。
普段なかなか伝えられない言葉を、お花に込めて大切な人へ贈ってみませんか?
ここからは、貴方へ贈りたい人へのメッセージがこもるバレンタインデーにとっておきの花言葉や花の意味についてご紹介致します。
 

3.バレンタインに贈る花紹介

ダズンフラワー



1本1本に“感謝・誠実・幸福・信頼・希望・愛情・情熱・真実・尊敬・栄光・努力・永遠”という意味を込めて12本(=1ダース)で「ダズンフラワー」といいます。
ダズンローズというバラを使った花束は、ウエディングブーケや、ブートニアの由来になったものともいわれています。
昔、ヨーロッパで男性が女性にプロポーズする際に、野に咲く花を集め花束にして愛する女性に渡した演出を再現したものです。プロポーズされた女性は貰った花の中から1本の花をとり、男性の胸元のボタンホールに挿したらOKの印で、プロポーズの返事でした。
ヨーロッパでは12本のバラを恋人に贈ると幸せになると伝えられており、昔から愛情表現に使われるロマンティックなお花であり、女性にとっては特別なお花とも言えるでしょう。
バラは恥ずかしいという方は、お店で別の花を注文しても良いと思います。
 

4.バレンタインにぴったりの花と花言葉

バラ(愛と美)


まずは定番の愛の結晶バラ。花の色も豊富であり、古くから慕われているバラには、つぼみやとげにも花言葉があり、また本数によっても意味があり、あらゆる花の中でその数が最も多い花です。


本数でみる花言葉

1本…一目ぼれ・貴方しかいない 2本…この世界は二人だけ 3本…愛してます・告白
4本…死ぬまで気持ちはかわりません 5本…貴方に出会えた事の心からの喜び
6本…貴方に夢中・お互いに敬い、愛し、分かち合いましょう
7本…密かな愛 8本…貴方の思いやり、励ましに感謝します
9本…いつも貴方を思っています・いつも一緒にいてください
10本…貴方は全てが完璧 11本…最愛 12本…私と付き合ってください
13本…永遠の友情 21本…貴方だけに尽くします 24本…一日中思っています
50本…恒久 99本…永遠の愛・ずっと好きだった 100本…100%の愛
101本…これ以上ない程愛してます 108本…結婚して下さい。
365本…貴方が毎日恋しい 999本…何度生まれ変わっても貴方を愛します
 
色でみるバラの花言葉

赤…貴方を愛してます・愛情・美・情熱・熱烈な恋・美貌
白…純潔・私はあなたにふさわしい・深い尊敬・清純
ピンク…しとやか・上品・可愛い人・美しい少女・愛の誓い 
青…夢かなう・奇跡・神の祝福 黄色…友情・平和・愛の告白
オレンジ…無邪気・魅惑・絆・信頼 緑…穏やか・希望
紫…誇り・気品・尊敬 緋色…灼熱の恋 濃紅色…内気・恥ずかしさ
紅色…灼熱の恋 黒…貴方はあくまで私のもの・消して滅びることのない愛・永遠の愛
レインボー…無限の可能性 絞り模様…満足 ドット柄…君を忘れない
 
状態・部位でみる花言葉

赤いバラの葉…無垢の美しさ・貴方の幸福を祈る 葉全体…あきらめないで
とげのないバラ…誠意・友情
 

ガーベラ(希望と前進)


可愛らしく、元気な気分にしてくれるガーベラ。オレンジや黄色のビタミンカラーなら楽しさを、ピンクなら幸せや暖かさを、赤なら情熱を。沢山の色を持つガーベラならあなたの気持ちを表す花束がきっとできます。
黄色:究極美・究極愛  ピンク:感謝・崇高美 赤:神秘・燃える神秘の愛
オレンジ:神秘・冒険心  白:希望・律儀
 

チューリップ(博愛・永遠の愛・恋の告白・愛の宣言・正直・不滅の愛・思い出の恋・思いやり・美しい瞳)

花言葉もバレンタインデーにぴったりの花。花の形や色合いも多彩で動きのある咲き姿は、貴方との楽しい時間にアクセントをくれると思います。
赤:愛の告白・真実の愛 ピンク:愛の芽生え・誠実な愛 黄色:望みのない恋・名声
白:失われた愛・新しい愛 紫:不滅の愛
 

スイートピー(門出・別離・やさしい思い出・永遠の喜び・華やかな魅力・魅力的)



甘い香りで女性に人気の春の花「スイートピー」その名前の由来は「Sweet(甘い)pea(豆)」
別離という花言葉ですが、決してネガティブな意味ではなく、丁度スイートピーが出回り2月~4月は卒業や入学の季節でもあるので、旅立つ方への贈る花でもあります。
また、やさしい思い出という花言葉を持つスイートピーは長年連れ添った奥様、パートナーへ感謝の気持ちを込めて春の香りを贈ってはいかがでしょう?
ピンク:繊細・優美・恋の愉しみ 白:ほのかな喜び 紫:永遠の喜び 
黄色:分別・判断力
 

ラナンキュラス(とても魅力的・晴れやかな魅力・光輝を放つ・合格・大家族・名声・名誉・美しい人格)


最近人気が急上昇の注目のお花、ラナンキュラス。
ルイ9世が十字軍に加わり、国に帰る時に持ち帰ったことで「名声・名誉」の由来です。また、ラナンキュラスは球根で育ちますが、ひとつの球根から複数の花茎をつけ、それぞれに花を咲かせる様子から「大家族」の花言葉が由来とされました。
幾重にも重なるやわらかくふっくらした丸い花に癒されます。
白:純潔 ピンク:飾らない美しさ 赤:あなたは魅力に満ちている オレンジ:秘密主義 紫:幸福 黄色:やさしい心遣い
 
いかがでしたか?
素敵なバレンタインにお花を添えて、大切な人へのプレゼントにしませんか?



 

高松で花を贈るならカルメラ フラワーギフト|スタンドアレンジ|仏花|観葉植物ならお任せ!
営業時間 9:00~19:00
定休日 火曜日
電話番号 087-813-8357
FAX番号 087-813-8358
郵便番号 761-0443
住所 香川県高松市川島東町1897-12
HP https://calmela.com/
mail info@calmela.com


 

ブログ一覧へ戻る

  • このブログの記事は「山地博喜」が書きました。

    彼はとても個性的な人です。
    心優しく、お客様一人ひとりのご要望に応えられる様、自分が納得できるまで、こだわり続けます。

    顔に似合わない職業ですが。。。人とのつながりを大切に、送るお客様、その先の相手の方を大切に、花に想いを込めて向き合います。

    星星

    指名予約